田んぼ一年生の農作業日記 一人じゃなければ農作業も楽しいさ


by NORAKK
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

どろんこあそび

やっとこのブログ本来のカテゴリに戻ってきました♪
ただいま~

さて、今日はふじみ野市にある文京学園附属幼稚園のこどもたちが、どろんこあそびにやってきました。
どろんこあそびには最高の天気です。
園児95名、保育科の学生等で35名、引率の先生7~8人という、なんと100人を超える人々がたんぼに入りました。
b0098261_23243410.jpg

子どもたちも大人も、ほとんどが、たんぼ初体験!
はいるだけでキャーキャーと大騒ぎ♪

中にはたんぼの中で泳ぐ子も。たくましい。
カエルとりに夢中になる子やサッカーをする子など様々。
みんな、文字通りどろんこになって遊んでいました。
b0098261_23301081.jpg
↑この辺にカエルがいたんだよ~


たんぼのお向かいの「老人福祉センター太陽の家」の方々には大変お世話になりました♪
着替えの場所を提供していただき、どろんこになった子どもたちを洗うために水場を提供していただきました。また、芝生でお弁当も食べさせていただき、感謝感謝です。
太陽の家の利用者の方も小さい子が来ているということで、喜ばれていたみたいです。

子どもたちが、今日のことを絵に書いてくれるそうです!
市内のどこかで展示するそうです。とっても楽しみ♪
[PR]
# by norakk | 2007-05-24 23:37 | エコ田んぼビオトープNORA

人形劇

b0098261_3234529.jpg
▲たくさんの子どもや親が児童館に集まりました
b0098261_3235559.jpg
▲迫力満点!

先週の土曜日に児童館父母会主催新入生歓迎会として人形劇をやりました。
来てくださったのはグリムカンパニー。
http://www1.interq.or.jp/kokke/puppet/index.htm
アマチュアの人形劇団の方たちですが、舞台装置も演技も本格的でとってもよかったですよ。

子どもたちもあきずに良く見ていました。
たくさんの人が来てくれたのですが、これから児童館に通うことになる保育園や幼稚園の年長組さんを招待するのもいいかな~っておもいました。

私はこれで児童館の役員はお役御免なので一安心です。
[PR]
# by norakk | 2007-05-14 03:37 | 徒然

キティ・シェルター開設

b0098261_2020190.jpg
ブログを開設しました。
題してキティ・シェルター「子猫の里親探し」

その道に長けているTさんがささっと作ってくれちゃいました。
感謝感謝♪


新しい猫の情報とか、一時保護をしてくれる人を募集したり、それぞれ関わってくれている人の交流の場所になればいいなと思っています。
ぜひ、のぞいてみてね♪

写真の2匹は里親さんになってくれる人を待っている子猫たちです。

キティ・シェルター「子猫の里親探し」 http://kitty.aiko.bz/
[PR]
# by norakk | 2007-05-04 20:22 |

すてきな女医さん

今日は事故にあった猫を飼いたいというHさんと犬猫病院に行って来ました。

猫はゲージに入っていましたが、目はまんまるで耳はぴんと立ち、精悍な顔立ち。
初めて見る人びとが怖いのか、とても緊張した面持ちでした。
おしっこもうんちも自分一人(一匹)で出来るそうです。もちろんご飯も一人で食べられるそうです。これなら、仕事を持っているHさんも安心して猫を飼えそうです。

さて、うちのちびちゃんも目やにがひどいので、診てもらいました。ナントカカントカと病名を言われましたが、忘れました(^^; おなかがぽんぽんなのは、ミルクを飲んでいれば大丈夫だそうで一安心。爪も切ってもらいました。

お会計をお願いしたところ、うちのちゃんこは薬代だけでいいとのこと。診察料も払いますと言ったら、「いいんです。でも、だからって、また連れてこないで下さいね。」 と、困ったような、でも悪いような言い方。
その言葉から感じ取れる先生の人柄は、言葉で言い表すのはとてもむずかしいのですが、たぶん、連れてこられちゃったら診ちゃうし、でも、何匹も預かるわけにはいかないし、診察料もいただいていいのかしら・・・と葛藤している感じが、なんともすがすがしく、とってもおかしかったんです^^

とってもいい先生だったな~
ありがとう~せんせ~
[PR]
# by norakk | 2007-04-24 21:37 |

里親との初対面

今日、里親さんの所ににゃんこを連れて行きました。
里親さんもこんなに小さいねこは初めてだそうで、おそるおそる抱っこしてくれました。

何年か前から猫が飼いたくて、ペットショップに行ったそうですが、買う気はしなかったそうです。
なんとなくわかる気がする。

ミルクのあげ方とおしっこの出し方を少し練習しました。
おっしこが勢いよく出たので、ちょっと洋服にひっかかっちゃったかな。

とてもかわいがってくれるので、こちらも安心しました。
一匹だとかわいそうなので、もう一匹飼いたいとのこと。
いずれ、一時保護家庭にもなってもらえそうで、うれしかったです。
[PR]
# by norakk | 2007-04-23 00:38 |

里親が決まりました★

本日めでたく里親が決まりました。

でも、気持ちは複雑・・・・
だって、とってもかわいいんだもの・・・

「子どもがお別れをする時間が欲しいので」といって、譲る日を1週間延ばしてもらいました。
でも、それは子どものためではなく、私のためだったようです。

幸いなのは、里親が私のお友達だということです。
家も目と鼻の先だし。
いつでも会いにいける。
そう、言い聞かせて、お別れのための心の準備をしています。
[PR]
# by norakk | 2007-04-22 03:00 |
昨日、一時保護をしている猫のためにミルク代と猫の缶詰をカンパしてくれた人がいました。
思いもかけない事だったので、とてもうれしくなりました。

今日はまた2匹、子猫が届けられました。
もう乳離れした感じの子猫です。
「これくらいなら、また、一時保護か?」と思っていたら、となりの課の同期の女の子が、「私がつれて帰るつもりでいるの。」
こちらも思いもかけないことで、驚きとうれしさでいっぱいになりました。

つれられてくるたびに保護してたら、大変なことになるとはわかっていても、保護してしまうお馬鹿な人が私のほかにもいたんだ、しかもこんな近くに!と思うと、心強かったです。
里親探し、がんばるぞ~♪

一時保護のボランティア集めも真剣に考えます。
協力してねNさん♪
[PR]
# by norakk | 2007-04-20 01:08 |

6匹の仔猫

猫 第2弾

先日、「野良猫が敷地内に仔猫を産んでしまった。」という電話が入り、6匹もの仔猫が箱に入れられて運ばれました。

飼い猫なら、欲しい人を探すということもあるのでしょうが、野良猫となると、処分して欲しいということに、どうしたってなりますよね。
でも、持ってこられた方も、さっさとどうにかしてくれというよりは、ちょっと涙ぐまれていて、「どうしようもないから、かわいそうだけど、お願いします」という感じ。こちらでも預かることはできないので、早々に動物指導センターに連れて行くことにしました。

でも、本当にどうにもならないの・・・?と、暗い気持ちでした。突然、猫が欲しいといっていた人を思い出し、連絡を取ってみると、「一匹なら」との返事。
かわいそうな話ではありますが、一匹だけ選んで連れて帰ってきました。

その夜、インターネットで捨て猫とか動物愛護のページを検索して読みました。
指導センターでは最終的にはガスで殺すようですが、決して安楽死といえるようなものではないそうです。苦しみながら死んでいくそうです。

NPOとかボランティアで里親を探したり、一時預かりをしている方々もいて、拙速に連れて行ってしまったことが悔やまれました。もっと、私が情報を持っていれば、もう少しどうにかなったかもしれません。残りの5匹のことを思うと涙が止まりませんでした。今でも背中の模様を覚えています。
[PR]
# by norakk | 2007-04-16 23:34 |

b0098261_0341583.jpg
環境課に異動になって2日目。友人のⅠさんから職場に電話が入りました。
「車に轢かれた野良猫がいるんだけど、どうしたらよいでしょうか」とのこと。

行き違いもあり、環境課の職員が現場に行く前に、Ⅰさんが病院に連れて行ってくれました。
でも、退院してきてもⅠさんが飼うのは難しいし・・・・

Ⅰさんの熱心さにほだされてか、課長が引き取るという話もでました。
ところが、入院中に猫の状態がかなり悪いことが判明しました。
下半身不随。うんちが出るかどうかも問題だそうです。
こうなると、課長宅で面倒を見るというのも難しくなってしまいました。

引き取り手がいないとなると、市の環境課に連れてきてもらっても、結局は県の動物指導センターで処分(安楽死)しかありません。

Ⅰさんは猫ちゃんの医療費を捻出するためにカンパ箱を作りました。
そこに動物病院から送られてきた猫ちゃんの写真が・・・
顔を見てしまうと、とても殺すなんてできないという気持ちがよりいっそう強くなりました。
一度助けた命です。簡単に見捨てるわけにはいかない。

熊本の慈恵病院で赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)が認可を受けました。
慈恵病院の院長が「命は大切にしなければいけません」と言っていました。
猫と赤ちゃんを一緒にしてはいけないかもしれませんが、やっぱり、命にかわりはないのです。

カンパにご協力いただける方、育てたいという方!HANAまで連絡くださいね。
よろしくお願いします。

そうそう、猫ちゃんに名前をつけてあげたいですね、Ⅰさん。
[PR]
# by norakk | 2007-04-11 00:35 |

分福は偉大だった

家の近所に分福という居酒屋があります。居心地がいいので、ついつい分福に行ってしまう・・・というようなお店です。

昨日はJAZZ仲間の試験合格祝いで分福に行きました。
マスターに「今日はお祝いでね~」と報告。下心見え見えですよね(^^;
したら、マスターの息子さんがワインを一本お祝いに出してくれました!(^^)!
と、ここまではよくある!?話ですが・・・

さらにデザートワインなるものを飲ませてもらいました。
濃厚な味。トローリと蜜のようなワインです。
収穫せずに腐らせておいたブドウから作るそうです。一房からグラス4分の1程度しかとれないのだとか。ブドウ一房分の味がギュッと濃縮されているので、こんな濃厚な味が出るのだそうです。

チーズと一緒に食べると、口の中でお互いの味がほわーっと溶け合って、最高でした!
チーズといってもただのチーズじゃない!ドライフルーツや木の実の入った特別なヤツ。

刺身がおいしい分福だと思っていましたが、さすがソムリエのいる居酒屋!
それもただのソムリエじゃないですからね~日本でも指折りです。
ぜひ一度行ってみてね♪

ママが息子に対抗して「焼き鳥はどう?おいしいよ。私の焼き鳥は最高だよ。」と対抗していたのが、とってもかわいかったです♪
[PR]
# by norakk | 2007-03-05 01:09 | 徒然